ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

動作をきっかけに激しい腰の痛みが起こっている状態です。動けなくなるほど激しい痛みが起こることも珍しくありません。医学的には急性腰痛症や腰椎捻挫と呼ばれています。腰椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節症といった疾患が原因で起こっている場合もありますので、まずは当院を受診してください。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰の症状

重いものを持ち上げた、腰をひねったなどのきっかけで腰に激痛が起こります。
症状が少しだけ楽になる姿勢があり、体勢を変えようとすると激しい痛みが起こります。激しい痛みは数日から数週間で解消していきますが、軽度の腰痛が何ヶ月も残るケースも珍しくありません。

ぎっくり腰の原因

腰を構成している腰椎、椎間板、筋肉、靭帯、関節などへの負担によって損傷が起こっています。体重の1.5倍という負荷を腰にかける中腰姿勢は特にリスクが大きく、その状態でまだ準備ができていない筋肉に急激な力をかけることで腰を構成している組織が損傷し、発症するケースが多くなっています。腰椎圧迫骨折をしているケースもありますので、まずは当院を受診してください。なお、腰椎の器質的な異常がなくても再発しやすいため、再発予防としての運動療法も重要です。

ぎっくり腰の診断と治療

まずは安静

安静を保って、腫れがある部分を冷やして痛みを緩和し、浮腫の拡大を予防してください。

受診

動けるようになったら整形外科を受診し、腰椎の器質的な異常など疾患の有無を確認しましょう。痛みがまだ強い場合には、消炎鎮痛剤(NSAID)や筋弛緩薬などを用いた治療を行います。また、再発予防のための運動やストレッチメニューの作成、日常生活での注意などに関してもくわしくお伝えしています。

こんな時にはできるだけ早く受診を

こんな時にはできるだけ早く受診を

  • 排尿困難がある
  • 発熱
  • 下肢のしびれがある
  • 安静を保っていても痛みが強くなる
  • 胸部などにも痛みがある
  • 最近、大きなケガをした、あるいは事故に遭った
  • ステロイドや免疫抑制剤を使った治療を受けている

など

一番上に戻る
TEL:045-370-6800 web順番受付