リウマチ科

治る病気になってきている関節リウマチ

関節リウマチは、慢性的な痛みや関節の変形といった症状があり、進行していくと日常生活に大きな支障が起こる病気です。ひと昔前までは不治の病とされていましたが、現在、関節リウマチは生物学的製剤により「進行を止める」「症状がなくなって寛解する」ことが可能になってきています。

関節リウマチとは

関節リウマチとは

関節が腫れて痛みを生じる疾患です。進行すると関節の変形を起こし、正常な機能が失われてしまう可能性もあります。症状が現れるのは、主に上肢(指・手首・ひじ・肩)、下肢(ひざ・足首・足指)です。
30~50歳代の女性に多く、日本の関節リウマチ患者数は100万人以上だとされています。原因はまだよくわかっていませんが、免疫の機能に異常が起きて発症するのではと考えられています。

関節リウマチの症状

  • 手足のこわばり
  • 手指の関節が痛む・腫れている
  • 手首が痛む・腫れている
比較的症状が起こりやすい場所
  • 手関節
  • 中手指節関節(手指の付け根にある関節)
  • 近位指節関節(指先から2番目の関節)

まず片手に症状が現れ、そのうちもう片方の手にも症状が現れてくるケースが多くなっています。

軽い症状でもすぐに整形外科の受診を

軽い症状でもすぐに整形外科の受診を

関節リウマチの治療で重要なのは、症状がまだ軽い段階で整形外科を受診し、適切な治療を受けることです。日常生活に支障なく症状をなくし、その状態を長く保つことができる可能性を高めるためにも、症状に気付いたら早めに受診してください。

痛みや腫れの前に現れる初期症状

  • だるい・倦怠感がある
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 微熱
  • 起床時、手足がこわばっている・動かしにくい

30~50歳代の女性に多いため、上記のような関節リウマチの初期症状を更年期やホルモンバランスの乱れによるものと見過ごしてしまうケースがよくあります。関節リウマチは早期発見することで、日常生活にほとんど支障なく治療が可能です。こうした症状に気付いたら、1度ご相談にいらしてください。

当院の関節リウマチ治療

当院では、抗リウマチ薬(DMARDS/メソトレキサート・タクロリムスなど)で症状の進行を予防し、生物学的製剤で痛みや腫れがほとんどなくなる寛解状態を目指しています。また、分子標的薬、関節の痛みを効果的に解消する注射など、さまざまなアプローチでの治療を行っています。

当院の関節リウマチ治療

抗リウマチ薬

  • csDMARDs 免疫抑制薬/内服
  • リウマトレックス・メトレート(メトトレキサート)
  • プログラフ(タクロリムス)
  • ブレディニン(ミゾリビン)
  • アザルフィジンEN(サラゾスルファピリジン)
  • ケアラム・コルベット(イグラチモド)
  • リマチル(ブシラミン)
  • tsDMARDs 分子標的薬(JAK阻害薬)/内服
  • ゼルヤンツ(トファシチニブ)

生物学的製剤

  • bDMARDs /注射
  • エンブレル(エタネルセプト/TNFα阻害薬)
  • ヒュミラ(アダリムマブ/TNFα阻害薬)
  • シンポニー(ゴリムマブ/TNFα阻害薬)
  • シムジア(セルトリズマブベゴル/TNFα阻害薬)
  • アクテムラ(ドシリズマブ/抗IL-6受容体抗体)
  • オレンシア(アバタセプト/CTLA4-Ig製剤・T細胞活性化調節剤)

その他の薬剤

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)、内服や関節内注射に用いる副腎皮質ステロイド 、関節内注射に用いるヒアルロン酸(関節内注射)なども使って治療を行っています。

一番上に戻る
TEL:045-370-6800 web順番受付