整形外科

整形外科とは

整形外科は、首から手足の指先までの機能障害や損傷を診療しています。運動器である骨や筋肉、靭帯、関節、軟骨、神経などに起こる疾患が対象で、首や肩の痛み、腰痛、膝痛、しびれや違和感、骨折、脱臼、切り傷、打撲などに対応しています。根治的な治療だけでなく、痛みなどの症状を解消するための治療も幅広く行っています。慢性的な痛み、ケガ、スポーツによる故障、日常的な違和感、動かしにくさ、しびれやこわばりなどがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんな症状でお悩みでしたら、いらしてください

  • 痛み(首、肩、背中、腰、股関節、腕、肘、手、指、腿、膝、ふくらはぎ、足首、足、足指)
  • 骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ
  • 切り傷・すり傷・咬み傷・やけどなどの外傷
  • スポーツによる外傷・障害
  • 上肢や下肢の運動障害・知覚障害
  • 首こり・肩こり
  • しびれ・こわばりなどの違和感
  • ばね指、突き指、腱鞘炎、手根管症候群などの手外科疾患
  • 骨粗鬆症
  • 巻き爪・陥入爪などの爪の痛みや腫れ、くい込み
  • 交通事故、労働災害
  • むち打ち症

こんな症状でお悩みでしたら、いらしてください

症状別にみた整形外科の代表的な疾患

首の痛み・肩のこり

  • 頚椎捻挫(むち打ち症、寝違え)
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 変形性頚椎症
  • 頚椎後縦靭帯骨化症
  • 頚肩腕症候群

肩の痛み

  • 五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)
  • 肩こり
  • 石灰性腱炎
  • 腱板損傷

肘の痛み

  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
  • 野球肘(離断性骨軟骨炎・内側側副靭帯損傷)
  • 上腕骨内側上顆炎
  • 肘内障
  • 変形性肘関節症
  • 肘部管症候群

手・手首の痛み

  • 関節リウマチ
  • ドゥケルバン腱鞘炎
  • 母指CM関節症
  • TFCC損傷
  • 舟状骨骨折偽関節
  • 有鈎骨鈎骨折偽関節
  • 手のしびれ
  • 手根管症候群
  • 頚椎椎間板ヘルニア

指の痛み・変形

  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎(ばね指)
  • 突き指(マレット変形)
  • デュピュイトラン拘縮
  • 手指変形性関節症(へバーデン結節・ブシャール結節)
  • 爪周囲炎

腰・背中の痛み

  • 急性腰痛症(ぎっくり腰)
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離・すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 骨粗鬆症
  • 脊椎椎体骨折(圧迫骨折)

足のしびれ

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
  • 股関節(鼠径部)の痛み
  • 単純性股関節炎
  • 変形性股関節症
  • 特発性大腿骨頭壊死症
  • そけい部痛症候群(グロインペイン)

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 関節水腫
  • オスグッド病(小児)
  • 離断性骨軟骨炎(関節ねずみ)

すねの痛み

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
  • 脛骨・腓骨疲労骨折
  • ふくらはぎの肉離れ

足首・足の痛み

  • 捻挫
  • 足底筋膜炎
  • 扁平足
  • アキレス腱付着部炎

足指の痛み

  • 外反母趾
  • 巻き爪・陥入爪
  • 痛風

交通事故治療について

交通事故に遭ってしまったら、たとえどこにも症状がなくても、まずは当院の診療を受けてください。当初はお気持ちが乱されて症状に気付かず、後になって痛みなどが現れてくることがとても多いのです。また、日を追うごとに痛みやしびれなどの症状が強くなっていき、慢性化して長く悩まれるケースもよくあります。当院では、交通事故に遭われた方の診療では、じっくりとお話をうかがい、専門的な検査と治療を行っています。むち打ち症(外傷性頸部症候群)では、痛みの他にしびれ、動かしにくさ、めまい、吐き気などの症状が起こってくる場合もあります。早めに診察を受けることで症状を重くせずに治せる可能性が高まります。また保険会社とのやりとりで不快な思いをしないためにも、事故後はできるだけ早く受診してください。

交通事故治療について

腰痛でお悩みの方に

腰痛でお悩みの方に

腰の慢性的な痛みで悩んでいる方が多くなっています。直立二足歩行をするようになった人類は上半身の重さをすべて腰が受け止めています。こうした人体の構造上の問題から起こる負担の大きさと、デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢を保つライフスタイルの影響が重なって腰痛になりやすくなっています。 当院では、できるだけ早くつらい症状を緩和する治療を心がけており、日常生活に支障が及ぶような強い腰痛に、当院では薬物療法でもアプローチしています。貼り薬、塗り薬、オピヨイドを含めた服用薬、トリガーポイント注射、ブロック注射、点滴注射、エコーガイド下のハイドロリース(筋膜リリース)などから痛みの状態や患者様のお考えに合わせて、最適な治療を行っていきますので、ご相談ください。 また、腰痛解消には筋力と柔軟性を鍛えるトレーニングや、日常の動作における注意点を知ることも大きく役立ちます。そこで当院では、国家資格を持つ理学療法士(PT)による無理なく続けられるトレーニング指導にも力を入れています。

一番上に戻る
TEL:045-370-6800 web順番受付